メインイメージ画像

子供に適切なタイプとは

Q.つい最近、子供に恵まれ保険の営業の人に学資保険を推されています。本当に学資保険は必要とされる保険なのでしょうか。
A.結論を言うと、絶対にいる保険ではないでしょう。自分自身で教育費を用意できる方には不必要な保険と言えるでしょう。そのような人は、学資保険ではなく、子供用の医療保険に入ることがよいでしょう。
学資保険は、一般的な保険というよりも金利のよい商品に保険がついていると理解してもらえばいいと思われます。


なので、自分で資金を用意することが困難と思う方は、貯蓄の代わりに学資保険を使うのも一つの方法でしょう。ただし、学資保険は低年齢ではじめないと支払金が高額になるので留意しましょう。

Q.相方が仕事を辞め、退職金と貯金の生活になりました。保険の費用も生じますし、保険自体を解約してもいいかと考えるのですが、ダメでしょうか。
A.結論から言うと保険を放棄するのはNGです。

死亡保険は以前よりも軽くしても問題ありません。
現状、保険料が高く、家計が難しいようであれば、かけ捨て方式のシニア保険に変更することも一つの手段です。シニア保険は、シニアを向けの保険であり、持病を持っていても契約可能なものが多くあります。シニア保険に入る場合は、少し割高でも一生にわたり保障の続く終身型タイプのものを契約して下さい。
仮に余裕があれば、手当を年金保険にあて、老齢期の用意をするのも方法の一つでしょう。